メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異変のシグナル

大気汚染での健康被害、今もなお

 <くらしナビ・環境>

 自動車の排ガスによる大気汚染が原因でぜんそくを発症したとして、患者が国や自動車メーカーに全国一律の医療費助成制度の創設を訴えている。高度経済成長期に日本各地で頻出した大気汚染は、対策強化により近年は改善しているとされるが、実態はどうなのか。

 ●医療費が家計を圧迫

 東京都練馬区の進藤光子さん(76)は3年前から気管支ぜんそくを患い、駅の階段を上りきることができなくなった。約30年前から暮らす自宅は、車の交通量が多い二つの都道に囲まれており、大気汚染以外に原因は考えられないという。長女里江さん(48)も幼少期から同じ病に苦しむ。

 都内の大気汚染を巡ってはかつて、ぜんそく患者らが車の排ガスで健康被害を受けたとして国や都、自動車メーカーなどに損害賠償を求める裁判(東京大気汚染訴訟)を起こした。2007年に和解が成立し、都は08年、患者の医療費自己負担分を全額助成する制度を設けた。ところが、都やメーカーなどが拠出した計約200億円の財源が底をついたことから14年度末で18歳以上の新規認定を打ち切り、認定患者の医療費も18年度か…

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文2014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです