メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ 全米オープン 松山、失速17位 8オーバー

最終ラウンド、14番でショットを放った後、顔をしかめる松山英樹=AP

 20日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、4位から出た松山英樹は1番でダブルボギーをたたくなど78と崩れ、通算8オーバーの288で17位だった。

 27歳のブライソン・デシャンボー(米国)が2打差の2位からこの日最少の67をマークし、通算6アンダーでメジャー初優勝を果たした。米ツアーでは通算7勝目で、賞金225万ドル(約2億3620万円)を獲得。21歳のマシュー・ウルフ(米国)は首位から75と落とし、イーブンパーの2位となった。

 78だった石川遼は通算18オーバーで51位、今平周吾は82をたたき25オーバーで61位。

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです