メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領 イランに独自制裁 国連加盟国に同調促す

イラン制裁についての記者会見に臨むエスパー国防長官(手前)とポンペオ国務長官=ワシントンで9月21日、AP

 トランプ米大統領は21日、イランとの武器取引に関与した国や企業に新たな制裁を科す大統領令に署名したと発表した。トランプ政権は2015年のイラン核合意で解除された対イラン国連制裁決議の「全面復活」を一方的に主張している。この決議に基づき独自制裁を科す形で、イランへの圧力を強めつつ、国連加盟国に米国の訴えに同調するよう促す狙いだ。

 トランプ氏は21日付の声明で「イランとイランに立ち向かわない国際社会への明確なメッセージだ」と強調した。また、米政府はイランの核や弾道ミサイル開発などに関与したとして、イラン国防軍需省などの27の個人・団体を制裁対象に追加。イランとの武器取引に関わったとして南米ベネズエラのマドゥロ大統領も指定された。米国内の資産凍結などが科される。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです