メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティア清掃用ごみ袋 福岡の53自治体が無料配布 街の景観保持に一助

公共の場を清掃するボランティアに無料で配布される福岡市の「環境美化袋」=徳野仁子撮影

 福岡県内自治体の多くが、公道や河川などの公共の場をボランティアで清掃する団体や個人に対し、申請に応じて無料のごみ袋を配布している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大規模なごみ拾いイベントが中止を余儀なくされる中、小規模な地域清掃への期待が高まっている。【田後真里】

 無料のごみ袋を配布しているのは県内60自治体のうち53。団体のみに配布が26、団体に加え個人にも配布が27(一覧参照)。ホームページや広報で案内している自治体もあれば、家庭ごみとの区別が困難なため大々的にはうたっていない、または個人への配布には慎重なところもある。個人に配布している自治体でも家庭ごみを出すことは当然できない。

 ルール違反を防ぐためほとんどの自治体で無料のごみ袋の受け取りには申請が必要だ。住所▽氏名▽活動地域▽頻度――などを伝え、ごみを出す日や場所を確認後、配布するケースが大半という。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです