メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

世界の平和と新型コロナウイルスの感染終息を願って、書の作品を仕上げた県立岐阜総合学園高書道部の生徒=岐阜市御手洗の岐阜護国神社で

 国連が定める「国際平和デー」の21日、岐阜市御手洗の岐阜護国神社で、岐阜県立岐阜総合学園高書道部の生徒11人が平和を願って揮毫(きごう)した。歌手の松田聖子さんの「瑠璃色の地球」の歌詞をつづり、神社に奉納した。世界平和に加え、新型コロナウイルスの感染終息の願いも込めた。【黒詰拓也】

 生徒ははかま姿でおはらいを受けた後、拝殿に置かれた縦1・5メートル、横4・8メートルの厚紙2枚の前に整列。立ち上がった状態で前にかがんで滑らかに筆を走ら…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです