メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤べこ見つけて! 鶴ケ城でトリックアート、会津短大生が制作

鶴ケ城の南走り長屋に設置された赤べこのトリックアート。制作した会津大短期大学部の(左から)遠藤すずみさん、丹治帆乃香さん、天童萌々美さん=福島県会津若松市追手町で2020年9月13日、三浦研吾撮影

 会津大短期大学部生が、新型コロナウイルスなどの疫病退散の願いを込めて「赤べこ」をモチーフにしたトリックアートを制作し、福島県会津若松市の鶴ケ城で完成発表会が開かれた。

 トリックアートは、会津若松観光ビューローが鶴ケ城の新たな観光スポットにしようと企画し、同学部デザイン情報コースの高橋延昌准教授のゼミ生4人で制作した。鶴ケ城の敷地内2カ所に設置され、1カ所は南走り長屋で忍者の…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです