特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで成人式刷新、学生ら奮起 静岡市、草薙球場で初開催 オンライン参加も検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
成人式の前に実施するプレイベント企画について、活発に意見を交わす実行委員会のメンバー=静岡市葵区で、古川幸奈撮影
成人式の前に実施するプレイベント企画について、活発に意見を交わす実行委員会のメンバー=静岡市葵区で、古川幸奈撮影

 来年1月3日に予定される静岡市の成人式が屋外の草薙球場(駿河区)で初めて催されることになった。新型コロナウイルス感染症対策として3密を回避する。一生に一度の晴れ舞台を盛り上げようと、大学生らが主体の実行委員会も奮起。県外に出た新成人がオンラインで参加できる仕組みなどの検討が始まった。【古川幸奈】

 「オンラインでできることは何だろう」。9月中旬にあった実行委の会議で、市青少年育成課の職員がメンバーに投げかけた。「来場者とオンラインの参加者でメッセージのやりとりができないか」「新成人を出身小中学校に分けて地元の友人同士で話せたら」。メンバーからアイデアが続々と出され、会議は4時間に及んだ。

 市の成人式は2013年から駿河区の複合施設、グランシップの1カ所で実施。5000人前後が出席する。式の内容は実行委が決めてきた。前回は国連の持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みを発信しようと、国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション」静岡開催とのコラボレーションを実現させた。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文896文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集