黒人選手グループに10億円 米大リーグ機構と選手会が拠出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 グランダーソン(AP=共同)
 グランダーソン(AP=共同)

 米大リーグ機構と選手会は21日、人種差別の撤廃を目的とする現役黒人選手を含むグループに1000万ドル(約10億5000万円)を拠出すると発表した。

 同グループはヤンキースなどで通算344本塁打を放ったグランダーソン氏が代表を務める。ドジャースのベッツ、ヤンキースのジャッジ両外野手らも名を連ねている…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい

注目の特集