3敗の幕内霧馬山が休場 十両以上10人目 秋場所10日目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 霧馬山
 霧馬山

 大相撲の東前頭5枚目、霧馬山(24)=本名ビャンブチュルン・ハグワスレン、モンゴル出身、陸奥部屋=が秋場所10日目の22日、日本相撲協会に「左肩腱板損傷疑い」の診断書を提出して休場した。師匠の陸奥親方(元大関霧島)は9日目に3敗目を喫した大関貴景勝戦で負傷したとし「ぶちっといったという。力が入らな…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集