男子個人総合は萱和磨、女子個人総合は村上茉愛 体操全日本シニア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
内村航平の鉄棒の演技=高崎アリーナで2020年9月22日、宮間俊樹撮影
内村航平の鉄棒の演技=高崎アリーナで2020年9月22日、宮間俊樹撮影

 体操の全日本シニア選手権は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、個人総合から種目別の鉄棒に専念して初の実戦となった内村航平(リンガーハット)は14・200点で6位だった。宮地秀享(茗渓ク)がI難度の離れ技「ミヤチ」を決め、15・366点で制した。

 男子個人総合は萱和磨(セントラルスポーツ)が6種目…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

あわせて読みたい

注目の特集