メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気持ちの切り替えわずか3週間前 村上、一気に調子あげ優勝 体操全日本シニア

優勝した村上茉愛の床運動の演技=高崎アリーナで2020年9月22日、宮間俊樹撮影

 体操の全日本シニア選手権は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子個人総合は村上茉愛(日体ク)が4種目合計56・600点を記録して2年連続で優勝した。

 「優勝することも楽しむことも成し遂げられた」。約1年ぶりの実戦となった村上は本調子とはいえなかったが、試合ができる楽しさ、喜びをかみ締めた。

 昨年は春先から腰痛に悩まされ、世界選手権代表選考会を棄権するなど苦しい1年を過ごした。年が明け、迫る東京オリンピックまで一直線に復活を目指していたさなか、新型…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです