メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

 IOCのバッハ会長

 新型コロナウイルスにより延期となった東京オリンピックを巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日に公開した書簡で「スポーツはパンデミック(世界的大流行)と闘う上で不可欠な要素だと広く認識されている。制限下でも大会を安全に組織できることが分かってきた。このことは、五輪を含む今後の大会準備に自信を与えてくれるはずだ」と開催への意欲を表明した。

 テニスの全米オープンや欧州サッカーのコロナ対策を踏まえ、五輪中止を懸念する声を払拭(ふっしょく)する形で、開催準備を加速させたい狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです