メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

「人と被らない」うえに「いいクルマ」! それでいて「激安」という「ワガママ」な中古SUV3選

情報提供:カートップ

「人と被らない」うえに「いいクルマ」! それでいて「激安」という「ワガママ」な中古SUV3選

50万円以下から探すことができるアメ車も!

 未だに人気が衰える気配のないSUV。各メーカーともさまざまなサイズのSUVをリリースし続けており、選ぶ側の選択肢も増え続けている。とはいえ、人気のジャンルということで街なかで同型車を見ることも多く、個性を主張したい人にとってはなかなか難しい環境となってきた。そこで今回は、国産SUVに比べて絶対数の少ない輸入車SUVのなかから、比較的買いやすい価格となったモデルをピックアップしてご紹介しよう。

1)シボレー・トレイルブレイザー(初代)

 SUVは各メーカーからリリースされているが、やはりSUVといえばアメリカというイメージをお持ちの方も多いハズ。そんなアメリカのSUVの中からピックアップしたのは、2001年に登場したシボレー・トレイルブレイザーである。

シボレー・トレイルブレイザーのフロントスタイリング

 日本でも正規販売がされていたトレイルブレイザーは、5人乗りとなる標準ボディと3列7人乗りとなるロングボディのEXT系があった。アメ車というととかくボディサイズが大きい印象だが、5人乗り仕様は現行のランドクルーザープラドにほど近いサイズであり、日本で乗るにもさほど苦労しないだろう(7人乗りは全長が41cm伸びる)。

シボレー・トレイルブレイザーのリヤスタイリング

 アメ車としてはそこまで弱い部分もなく、日本で正規販売されていたということもあって維持のハードルもそこまで高くない。そして何より中古車市場では総額50万円以下から探すことができるのだ。

シボレー・トレイルブレイザーのインストゥルメントパネル

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです