メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

「交差点」や「信号停車」でも走りが楽しい! クルマ好き「感涙」の性能をもつ実用国産車5選

情報提供:カートップ

「交差点」や「信号停車」でも走りが楽しい! クルマ好き「感涙」の性能をもつ実用国産車5選

クルマと一体になった気持ちが味わえる!

「走りを楽しむ」と聞くと、スピードをめいっぱい出したり、山道で右へ左へとグイグイ曲がったりしなきゃ、楽しさなんてわからないんじゃない? と思う人も多いですよね。もちろん、スポーツカーなどはそういうシーンでこそ本来の性能が発揮されるクルマもあるにはあります。

 でも、スピードを出さなくても、山道へ行かなくても、もっと日常のなかで運転に夢中になってしまうような、身近な走りの楽しさが味わえるクルマもあるんです。街中でカーブを曲がるだけで、車線変更をするだけで、もっといえば赤信号でブレーキをかけるだけでも、クルマと一体になった気持ちで楽しさが感じられるクルマ。今回はジャンル別に、そんな身近な走りが楽しいクルマたちをご紹介したいと思います。

1)トヨタ・ヤリス

 まずコンパクトカークラスからは、開発コストの多くを走りのために割き、先代よりボディを小さくしてまで走りの楽しさにこだわった、トヨタ・ヤリス。モータースポーツのベース車両になるモデルまでラインアップするので、熟練ドライバーにとっても操りがいのある、久々に熱い思いを感じるコンパクトカーですね。1リッターと1.5リッターのガソリン、1.5リッター+モーターのハイブリッドがあり、トランスミッションもCVTだけでなく、ガソリンモデルには6速MTまで設定されているのもポイントです。

ヤリスの走り

 そんなヤリスは、市街地を走るだけでも十分に楽しいと感じられるクルマ。とくに1リッターモデルは、上質感はあまりない代わりに、パワーをめいっぱい使い切って元気よく走れるところが、ついつい夢中になってしまう楽しさです。ハイブリッドなら、発進からモリモリとパワフルかつなめらかな加速フィールと、カーブでも重厚感のある安定したコーナリングが感じられると思います。

ヤリスのエンジン

2)トヨタ・カローラスポーツ

 次にハッチバックからは、低重心でワイドなスポーティシルエットに生まれ変わった、トヨタ・カローラスポーツ。1.2リッター直噴ターボのガソリンモデルと、1.8リッター+モーターのハイブリッドを設定しています。ハイブリッドにはCVTのみですが、1.2リッターガソリンには6速MTも用意。

カローラスポーツの走り

 トレッドを拡大した踏ん張りのあるスタイルから想像する通り、カーブを曲がるのが毎回楽しくなるような、しなやかで安定感のある乗り味が素晴らしいクルマです。上質感が高いのはハイブリッドですが、やはり自分で操る感覚が強く手に入るのは、ガソリンモデル。高速道路のロングドライブでも、ずっと走っていたくなる気もちのいい楽しさです。

カローラスポーツのエンジン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです