メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

三菱ミニキャブ・ミーブが一部改良 グレード体系見直しや法規対応で仕様を変更

情報提供:カートップ

三菱ミニキャブ・ミーブが一部改良 グレード体系見直しや法規対応で仕様を変更

車両接近通報の法規対応で一部装備にも変更

 三菱自動車は、軽商用電気自動車の「ミニキャブ・ミーブ」のグレード展開を見直した。また、同時に一部改良も施して9月17日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、2シーターが243万1000円、4シーターが245万3000円。

 ミニキャブ・ミーブは、アイ・ミーブで実績のあるく同様バッテリーやモーターなどを応用した軽商用電気自動車。2011年12月に発売され、新世代の働くクルマとして支持を得ているモデルだ。

 今回、グレードをCD(16.0kWh)のハイルーフに集約。2シーターと4シーターの2タイプから選択するシンプルな構成となった。

2シーター仕様のインテリア

 また、同時に一部機能を変更。車両接近通報装置の法規対応のため、車両接近通報のOFFスイッチを廃止。それに伴い、これまでOFFスイッチを押した際に点灯していたメーター内のOFF表記も廃止されている(キーOFF時や装置の故障時には点灯)。さらに、通報音の発生車速域を0〜35km/hに拡大し、音量と音程を最適化している。そのほか、トラクションコントロールOFFスイッチの形状を変更している。

ミニキャブミーブのスタイリングイメージ


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです