メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

「雨漏り」防止や「維持費」低減にも効果あり! クルマの「ヤレ感」も防止できる「ゴム」の劣化を防ぐ方法とは

情報提供:カートップ

「雨漏り」防止や「維持費」低減にも効果あり! クルマの「ヤレ感」も防止できる「ゴム」の劣化を防ぐ方法とは

どんなに条件が良くても必ず劣化してしまう

 毎年酷暑続きで、人だけでなくクルマにもさまざまなストレスがかかるのは当然のこと。となると、劣化が気になるが、数ある部品のなかでも“生もの”とされるゴム類はどうなってしまうのかということ。

 ゴムというのはご存じの方も多いと思うが、内部に油分が含まれているおかげでしなやかさや柔軟性が保たれている。それが抜けることでカサカサになったり、柔軟性がなくなって亀裂なども発生する。身近なところでは、輪ゴムは新品のころはよく伸びて、よほど引っ張らないと切れることはないが、しばらくすると硬くなってくるし、表面にはヒビができてきて最終的には伸びる前にプチンと切れてしまう。

 これと同じことはクルマのゴム類にも起こっている。具体的にはタイヤ、窓枠、ワイパーなど。ただ窓枠については、その昔は固定するウェザーストリップはゴム製だったが、最近は接着剤を使うのでモール的な最小限の使用にとどまっている。

窓枠のゴム

 とはいえ、あちこちに使われているのは事実で、結論から言うと使用材料によって、延命は図られているが確実に劣化は進む。極端ないい方をすれば、劣化しないゴムはない。

 しなやかなほど劣化も進みやすい。タイヤはその代表格だし、ガラス面に追従させるために柔らかいワイパーゴムも同様。タイヤのメンテで、溝が残っていてもヒビが発生していたら寿命と言われるが、乗らなくても劣化は進行していくというのはいい例だ。また、ワイパーゴムも使用頻度が高くなくても、早ければ1年ぐらいで引っ張ると裂けてしまうことがある。

ワイパーゴム

ゴムの劣化を保護するスプレー

タイヤワックスのイメージカット

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです