メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自由学習10年分、本に 新聞切り抜き、背景探求 北九州の高3

自学ノートの山を前に、著書を手にする梅田明日佳さん

 ノートに新聞記事の切り抜きを貼り、感想や調べたことを書き添える自由学習(自学)を小学3年から続ける北九州市小倉北区の東筑紫学園高校3年、梅田明日佳さん(18)=同区=が、10年間の自学の記録をまとめた初の著書「ぼくの『自学ノート』」を小学館から出版した。ノートからのよりすぐりに加え、4000冊を超す豊富な読書体験から選んだ95冊のお薦め本を紹介する「読書編」も盛り込んだ個性豊かな一冊が生まれた。

 自学は、梅田さんが小学3年だった2011年夏、学校から何をしてもよいという宿題が出されたのを機に始まった。何をしようかと迷っていたところ、母に見せられたのが、小倉駅前の小倉祇園太鼓像のバチが盗まれたという新聞記事だった。像が修復されるまでの一連の記事をノートに貼り、感想を書いて提出すると先生から「花マル」をもらった。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです