メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひとinぐんま

「地方公務員アワード」を受賞した 宮下智さん(48) 多彩な人脈で広く活動 /群馬

宮下智さん

 仕事とは別に6枚の名刺を持つ。ある時は街づくりに取り組む団体のメンバー。ある時は公民連携で地域を活性化するNPO法人の理事。またある時は、公営ギャンブル「伊勢崎オートレース」のファングループ代表。仕事と趣味、双方を通して多彩な人脈を築き、活動を広げてきた。

 8月に民間主催の「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2020」を、県内の自治体職員で初めて受賞した。推薦したのは県庁の部下や後輩に加え、太田市や伊勢崎市の職員。広く人望があり、若手職員から「理想」「お手本」と憧れられている点が評価された。

 尾島町職員だった父の背中を見て、「公共の福祉のために働きたい」と県職員に。転機は2016年。商政課で街づくりを担当し、空き店舗などを改修して地域を再生するリノベーション事業を発展させた。県内各地を奔走する中で、熱意のある市町村職員や民間事業者らと縁ができた。個人的に受講した都市経営のセミナーでは全国の意欲的な自治体職員とつながった。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです