メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アオサノリの種付け最盛期 紀北・矢口湾 /三重

アオサノリの種付けに張られた色とりどりのノリ網=三重県紀北町矢口浦で2020年9月18日、下村恵美撮影

 紀北町矢口浦の矢口湾で、特産品のアオサノリの種付け作業が最盛期を迎えている。干潮時には赤や緑、オレンジ色のノリ網が姿を現し、周囲を鮮やかに彩っている。

 種付けは、潮の満ち引きを利用して海中に浮遊する胞子を網(幅1・3メートル、長さ20メートル)に付着させる。矢口湾では7軒の生産者が、海底に打ったく…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです