特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

秋の新紙面 読んで知る「今」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋からの毎日新聞では、読み応えのあるシリーズや注目のコラムが始まります。世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス、来年3月に発生10年となる東日本大震災。各地の現場から今を知るための情報をお届けします。

ポストコロナ 目指すものは

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、私たちの暮らしにかつてない規模と速度で変化を迫り、社会に内在するさまざまな問題点をあぶり出しました。今回の危機を乗り越えた先に、私たちはどのような社会を目指すべきなのでしょうか。国内外の現場を記者が歩き、考えるシリーズを始めます。

 ◆見つめ続ける 大震災10年へ

写真で伝える、10年の歩み

 東日本大震災の発生から来年3月11日で10年の大きな節目を迎えます。私たちはこの間、被災者の方々に継続的に会いに行き、取材をしてきました。その蓄積を生かした写真連載「見つめ続ける~東日本大震災10年」を始めます。

 あの日から10年の月日の流れと人々の思いを乗せて、来年3月末まで組み写真で連載します。(随時掲載)

町田樹さんの見る世界

 フィギュアスケート選手として活躍した町田樹(たつき)さん(30)。10月に就任する国学院大の助教として、スポーツ界のみならず、森羅万象に迫るコラムです。気鋭の若手学者の筆致にご期待ください。(10月10日スタート)

今週の本棚 壇蜜さん登場

 今春リニューアルした書評欄「今週の本棚」。本の目利きがナビゲートする「話題の本」の筆者に、タレントの壇蜜さんらが加わります。「私の箸休めネタを楽しんでください」と語る壇蜜さんは、10月3日に初登場します。

 ◆俳句てふてふ 注目の一句

SNSアプリと連動

 歌壇・俳壇面は文字が大きく、読みやすいレイアウトに。従来の歌壇に加え、俳壇もニュースサイトから投稿できるようになります。SNSアプリ「俳句てふてふ」と連動したコラムも始まります。(10月5日スタート)

あわせて読みたい

注目の特集