メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

瑞穂の国の即物主義=古賀攻

菅義偉首相=首相官邸で9月20日、滝川大貴撮影

 <sui-setsu>

 菅義偉首相の考えが新自由主義の系譜とみられがちなのは、主にその人脈から来ている。

 携帯電話料金の扱いは楽天の三木谷浩史会長兼社長、外国人観光客の誘致や中小企業対策は小西美術工芸社のデービッド・アトキンソン社長、地方銀行の再編構想はSBIホールディングスの北尾吉孝社長――といった具合だ。

 中でも竹中平蔵東洋大教授とのつながりがその色彩を強める。小泉郵政改革当時に総務相を務めた竹中さんは、根回しの多くを菅副総務相に頼った。最近も菅さんについて「駆け引きではなく『正論』で勝負する政治家」(週刊エコノミスト)と持ち上げている。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです