メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連創設75年記念会合 米大統領は不参加 国連「多国間主義」に活路 中国「支持」主導権うかがう

国連創設75年の記念会合で演説するグテレス事務総長=米ニューヨークで2020年9月21日、国連提供

 国連総会(193カ国)は21日、1945年の国連創設から今年で75年になるのを記念するハイレベル会合を開いた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などをめぐり米中対立が激化する中、「多国間主義は選択肢ではなく、不可欠なものだ」と強調する宣言を採択した。

 グテレス事務総長は演説で、気候変動や貧困の拡大、核軍縮の遅れなど「多国間の問題は余るほどあるのに、多国間の解決策は不足している」と指摘。「(世界の)人々は国連が試練に打ち勝つことを期待している。全加盟国が責任を負っている」と述べ、国際協力の重要性を訴えた。

 各国代表の演説で、米国はトランプ大統領もクラフト国連大使も参加せず、ワシントンで同日午前に行われた新たなイラン制裁の発表に出席。代わりに演説したシャレ国連次席大使代理は、中国を念頭に「国連は独裁体制に対して脆弱(ぜいじゃく)だ」と不満を示した。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです