メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 変わる大学入試 オンライン面接/マニフェスト提示/専願制

美林大は総合型選抜などでオンライン面接を実施する(桜美林大のホームページより)

 来春入学者対象の大学入試で、「総合型選抜」(旧AO入試)の出願が15日から始まった。新型コロナウイルスの影響で例年より1カ月半遅れての受験シーズン入りとなったが、今年度は「学校推薦型選抜」(11月出願開始)を含め、オンラインの活用など「新しい様式」を取り入れる大学が増えている。

 桜美林大(東京都)は、総合型選抜や学校推薦型選抜などでオンライン面接を取り入れる。芸術・文化系の学部では、実技の様子を事前に撮影した動画を提出してもらったり、試験日にオンラインで受験生同士が話し合いながら演劇作品を完成させ発表する場を設けたりする。高原幸治入学部長は「地方の受験生にとっては時間的、金銭的ロスがなくなり、運営側も会場確保、教室設営などをせずに済むなど利点は多い」と強調する。一方で「接続トラブルなどがあった時に、どう公平性を担保するか、どこまで対応できるか検討する」と話す。

 南九州大(宮崎県)は総合型選抜などでオンライン受験を導入する。東京、大阪など全国6カ所に外部の入試会場を設ける予定だったが、感染拡大防止のため宮崎県内2カ所のキャンパスのみに絞り、オンライン受験と会場受験のどちらを選択するかは受験生が判断する。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです