三原じゅん子副厚労相が初登庁 不妊治療保険適用「できるだけ早く」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する三原じゅん子副厚労相=厚労省で23日午前
記者会見する三原じゅん子副厚労相=厚労省で23日午前

 副厚生労働相に就任した元女優で参院議員の三原じゅん子氏が23日、初登庁した。菅義偉首相が掲げる不妊治療の公的医療保険適用について、記者団に対し「できるだけ早く前に進めていく」と抱負を語った。

 三原氏は、不妊治療への支援拡充を目指す自民党内の議員連盟で役員を務めてきた。自身も不妊治療の経験者と説明し…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

注目の特集