特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

野党は批判、与党は反論 コロナ対応巡りヒートアップ 米死者20万人超え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの死者を弔う目的で小さな米国旗を手にするペロシ米下院議長=ワシントンの「モール」で2020年9月22日、AP
新型コロナウイルスの死者を弔う目的で小さな米国旗を手にするペロシ米下院議長=ワシントンの「モール」で2020年9月22日、AP

 新型コロナウイルスによる米国での死者が22日、20万人を突破した。11月3日の大統領選を前に野党・民主党の大統領候補、ジョー・バイデン前副大統領(77)らは多数の死者が出たのはトランプ政権の対応の誤りによるものだと批判を強めている。一方、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は「対応はうまくいった」と真っ向から反論。29日に予定される両大統領候補による初のテレビ討論会でも、新型コロナへの対応を巡り激論が交わされる見通しだ。

 首都ワシントン中心部の広場「モール」では22日、亡くなった人を追悼しようと20万人の1割に当たる2万の小さな米国旗が芝生に立てられた。現場を訪れた民主党のペロシ下院議長はあいさつで「このような事態は防ぐことが可能だった」とトランプ政権の対応を批判。「民主党には、政治ではなく科学に基づいた包括的な対応計画がある」と訴えた。ペロシ氏の呼びかけで下院本会議場では、死者に黙とうがささげられた。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文923文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集