特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

世界各国からの入国緩和へ 10月初めにも中長期滞在者対象に1000人程度

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影

 政府は、新型コロナウイルスの水際対策として実施している出入国制限について、10月初めにも世界各国からの入国を再開する調整に入った。ただし、主な対象は3カ月以上の中長期の滞在者で、入国枠は1日最大1000人程度とする。複数の政府関係者が明らかにした。

 加藤勝信官房長官は23日の記者会見で、世界各国からの入国再開について「感染拡大を防止しながら、国際的な人の往来を再開していくことは大変重要だ。今真剣に検討している」と述べた。

 政府は現在、159カ国・地域からの入国を原則拒否しているが、政府が学費などを支給する国費留学生は8月下旬から順次入国を認め、在留資格を持つ外国人の再入国も9月1日から全面解禁している。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文672文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集