差別や分断 「無理解を超える力」を 山形ビエンナーレ芸術監督・稲葉俊郎さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
芸術監督の稲葉俊郎さん=東北芸術工科大提供
芸術監督の稲葉俊郎さん=東北芸術工科大提供

 オンラインを中心に開催されている「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」(東北芸術工科大主催)は、「山のかたち、いのちの形」をテーマに七つのプログラムが展開されている。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、芸術が果たす役割や次回の芸術祭に向けた思いなどを芸術監督の稲葉俊郎さん(41)に聞いた。【聞き手・日高七海】

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文999文字)

あわせて読みたい

注目の特集