メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

差別や分断 「無理解を超える力」を 山形ビエンナーレ芸術監督・稲葉俊郎さん

芸術監督の稲葉俊郎さん=東北芸術工科大提供

 オンラインを中心に開催されている「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」(東北芸術工科大主催)は、「山のかたち、いのちの形」をテーマに七つのプログラムが展開されている。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、芸術が果たす役割や次回の芸術祭に向けた思いなどを芸術監督の稲葉俊郎さん(41)に聞いた。【聞き手・日高七海】

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです