メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

死去した守屋浩さん=共同

 「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られた歌手の守屋浩(もりや・ひろし、本名邦彦=くにひこ)さんが19日、前立腺がんのため死去した。81歳。千葉県出身。葬儀は近親者で行った。

 1958年に日劇ウエスタンカーニバルでデビュー。59年に発売した浜口庫之助さん作詞作曲の「僕は―」がヒット、翌60年からNHK紅白歌合戦に4年連続出場した。「大学かぞえうた」なども人気を博した。

 70年代に一線を退き、以降は芸能事務所ホリプロダクション(現ホリプロ)で宣伝部長などを歴任。新人を発掘するホリプロ・タレント・スカウト・キャラバンの第1回の実行委員長も務めた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです