連載

安倍政権が残したもの

安倍政権が残したものは何か、どう向き合えばいいのでしょうか。識者とともに考えます。

連載一覧

安倍政権が残したもの

利潤のための震災復興 文化・芸術への冷淡さ、そして言葉の軽さ 赤坂憲雄さんが見た「悪夢」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
赤坂憲雄さん=尾嶝太撮影
赤坂憲雄さん=尾嶝太撮影

 「悪夢のような」――。安倍晋三前首相は、東日本大震災発生時の「民主党政権」を、こう表現した。その後、発足した第2次安倍政権下の震災後はどうだったか。「東北学」を提唱し、復興構想会議の委員も務めた赤坂憲雄・学習院大教授(67)に聞くと、東北の被災地から復興五輪、政治家の言葉へと時代を深く掘り下げてくれた。【山内真弓/統合デジタル取材センター】

「ひとごと」でやりすごした安倍前政権

 ――東日本大震災・東京電力福島第1原発事故から2年弱たった2012年12月に第2次安倍政権が発足しました。

 ◆震災が起きた2011年3月は、民主党政権でした。歴史の残酷さやアイロニー(皮肉)を感じます。もし、と仮定しても仕方がないが、あのとき自民党政権だったら、と思うことがある。安心安全を掲げながら、結局は巨大な事故にたどり着いた原発を含め、古い政治のシステムを支えていた価値観がすべて、根底から問われたはずです。東京で使う莫大(ばくだい)な電力を、地方が供給する、原発そのものが東京一極集中の象徴であり、それを守ってきたのが戦後長く続いた自民党政権なのですから。

 福島の浜通りや青森の下北半島など、日本列島の中…

この記事は有料記事です。

残り5222文字(全文5720文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集