温泉旅館無断キャンセルに賠償命令、請求通り男性2人に280万円 地裁大田原支部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 栃木県那須塩原市や日光市などの温泉地の宿泊施設で1月、宿泊予約の無断キャンセルが相次いだ問題で、被害に遭った8施設が千葉県の男女3人にキャンセル料などの損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、宇都宮地裁大田原支部であった。渡辺力裁判官は原告の主張を認め、予約を入れた男性2人に原告の請求通り計約280万円の支払いを命じた。

 判決などによると、同県柏市でスナックを経営する女性が男性従業員2人に慰安旅行の計画を指示。男性らは2019年8~11月、旅館など8施設に1月2~3日と同3~4日の1泊2日の日程で8~10人分の宿泊予約を入れたが、いずれも無断でキャンセルした。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集