JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
提訴に向かう原告の宮西さん、五反田さん、吉田さん(前列左から2、3、4人目)=大分市荷揚町の大分地裁前で2020年9月23日午後1時39分、河慧琳撮影
提訴に向かう原告の宮西さん、五反田さん、吉田さん(前列左から2、3、4人目)=大分市荷揚町の大分地裁前で2020年9月23日午後1時39分、河慧琳撮影

 JR九州が合理化などを理由に進めている駅無人化で鉄道による移動の自由を妨げられているとして、大分市で車椅子生活をしている男女3人が23日、同社に1人当たり11万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。全国で進むJRの駅無人化の是非が司法の場で問われるのは初めて。提訴後に記者会見した原告らは「駅員がいないと列車の乗降などに支障があり、過度な無人化は障害者の社会参加を阻む」と訴えた。

 提訴したのはいずれも大分市在住の吉田春美さん(67)と五反田法行さん(36)、宮西君代さん(58)。吉田さんは1歳の時に脳性まひと診断され、25歳から車椅子での生活。宮西さんも脳性まひで40歳から車椅子生活になった。五反田さんは高校2年生の時に脊髄(せきずい)を損傷して体の自由を失い、移動には車椅子が欠かせない。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

ニュース特集