メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4連休明けの通勤時間帯直撃 4万9000人に影響 福岡市地下鉄で火災

 23日午前8時25分ごろ、福岡市地下鉄空港線の赤坂駅(同市中央区)で、JR九州が筑肥線から乗り入れている車両のパンタグラフ付近から出火し、間もなく消し止められたものの構内は一時騒然となった。けが人はいなかったが市地下鉄が一時、空港線と箱崎線の全線で運転見合わせになるなど4連休明けの通勤時間帯を直撃し、地下鉄と筑肥線で延べ約4万9000人に影響した。

 出火したのは市地下鉄に乗り入れているJR筑肥線の西唐津(佐賀県唐津市)発福岡空港行き(6両、乗客約1000人)。市交通局によると、赤坂駅の1駅前の大濠公園駅を過ぎたところで10秒間ほど車内の照明が全て消え、赤坂駅のホームに入ると前から5両目のパンタグラフ付近から出火していたという。乗客はすぐ車外に避難させ、駅員らが火を消し止めたが、ホームには一時白煙が立ちこめた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです