メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政権が残したもの

私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

江川紹子さん=本人提供

 「安倍政権だけが原因でなく、社会が安倍政権を生み出した。熟考、自省、寛容が失われ、社会が“カルト化”した」。ジャーナリストの江川紹子さんはこう指摘する。首相官邸の記者会見に出席し続け、安倍政権下での社会の移り変わりを冷徹な視点で見続けてきた江川さんに、7年8カ月の総括と残された課題を聞いた。【上東麻子/統合デジタル取材センター】

 ――安倍政権の時代に何が変わったのでしょうか?

 ◆まず、社会から「熟考」がなくなったと感じています。反対する人の意見を聞きつつ、考えを練り直すことが少なくなりました。政治の場合、最終的には多数決でも、よく話し合い、より多くの人が納得することを目指すのが民主主義のプロセスです。しかし、手間や柔軟性が必要とされる、そういうプロセスを厭(いと)い、違う考えは受け入れないという非寛容な雰囲気が広がっています。これは安倍政権側だけではなく、それに反対する人たちにも言えることです。「アベ政治を許さない」が高じて、「安倍死ね」みたいな極端な言動まで飛び出しました。

 ――安倍さんは自分に批判的な人に対して「こんな人たち」という分断を生む言葉を使っていました。

 ◆自省と寛容さがないからでしょう。私は、安倍さんは情の人だと思うんですが、情の行きわたる範囲が一人称の範囲にとどまっている。自分に近い人と自分を支持してくれる人、つまり「私たち」が大事。だから「私たち」対「彼ら=こんな人たち」になってしまう。「こんな人たち」も国民で、自分は国民全てに奉仕する立場、という発想が希薄なのではないですか。桜を見る会などで「仲間内だけを大事にする」という批判を受けても、まったく自省は見られませんでした。支持層も同様で、「私たちの安倍首相」の言動に少しでも批判的なコメントが許せない。全肯定しない者を全否定して攻撃するんですね。

 その点は、「アベ政治を許さない」人たちも同じです。例えばハンセン病の家族訴訟の控訴見送りについて、私は評価したのですが、そういう是々非々の態度は、「日和(ひよ)っている」と見えてしまうようです。政府がやることは常に全否定しないとダメ。私は親安倍からは「パヨク」と呼ばれ、反安倍からは「ネトウヨ」と…

この記事は有料記事です。

残り3643文字(全文4563文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、毎日小学生新聞、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。日本新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです