特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

日本新薬が日本生命降し第4代表に ニチダイがカナフレックスに競り勝つ 都市対抗近畿2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【カナフレックス-ニチダイ】七回裏ニチダイ1死一、二塁、左前適時打を放ち、喜ぶ森太盛=大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで2020年9月23日午後0時33分、安田光高撮影
【カナフレックス-ニチダイ】七回裏ニチダイ1死一、二塁、左前適時打を放ち、喜ぶ森太盛=大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで2020年9月23日午後0時33分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選は23日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、第4代表決定戦は日本新薬(京都市)が日本生命を6―3で降し、7年連続37回目の出場を決めた。

 第5代表決定トーナメント1回戦は、ニチダイが5―4でカナフレックスの追い上げを振り切った。ニチダイは24日の第5代表決定戦で、日本生命と対戦する。カナフレックスは予選敗退となった。

 日本新薬・松村聡監督 劣勢だったが最後の最後にやってきたことを出し切ってくれた。試合に出ている選手、出ていない選手が一つになれた。本大会でも一戦必勝で臨みたい。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文556文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る