メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン、1年延期 来年2月予定の第70回は22年開催に

第69回別府大分毎日マラソンで一斉にスタートする選手たち=大分市で2020年2月2日正午、矢頭智剛撮影

[PR]

 九州陸上競技協会などは23日、大分県庁で記者会見を開き、来年2月7日に予定されていた第70回別府大分毎日マラソン大会を1年延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せず、全国から集まる出場選手らに十分な感染防止対策が取れないと判断した。

 1952年に第1回が行われた同大会が延期されるのは初めて。前回は過去最多の3622人が出場し、視覚障害選手の部は東京パラリンピックの代表選考会にもなった。次回は2022年2月6日に開催される予定。【吉見裕都】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです