メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

【川崎-横浜FC】J1最年長出場記録を更新した横浜FCの三浦知良(右)。左奥は中村俊輔=川崎・等々力陸上競技場で2020年9月23日、宮武祐希撮影

 「情熱がある限り、自分はまだ戦える」――。そう話す「キング・カズ」こと横浜FCの53歳、FW三浦が、国内最高峰J1のリーグ戦での最年長出場記録を大幅に塗り替えた。「クラブ、監督、スタッフ、選手、みんなに感謝したい。みんなの力、助けがあってJ1の舞台に立てた」

 自身13年ぶり、今季リーグ戦18試合目でつかんだ出番の舞台は、かつて所属したヴ川崎(現東京ヴ)の本拠地だった等々力。リーグ戦初得点など何度も輝いた「庭」に“帰還”し、左腕にキャプテンマークを託され先発した。

 2試合に先発した8月のYBCルヴァン・カップ以来の公式戦で、首位・川崎の猛攻で守勢に回る中、攻撃に転じた場面ではポスト役をこなしてMF松尾のチャンスを演出。シュートこそなかったが必死にボールを追い、後半11分、19歳のFW斉藤と交代して退いた。「ペナルティーエリア付近での仕事が少なかったのは物足りなかったが、川崎相手に戦えたのは次につながるし、また出るチャンスを勝ち取りたい」

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです