メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『幻のアフリカ納豆を追え!』高野秀行・著

◆『幻のアフリカ納豆を追え!』高野秀行・著(新潮社/税別1900円)

 高野作品を読む行為は「巻き込まれる」なんて言葉が似合う。世界各地にある「未確認納豆」を探し求める一冊、アフリカ納豆のエリアはイスラム過激派が活性化しているエリアばかりなので「納豆が陰でイスラム過激派の糸を引いている」のだろうか、なんて筆致に、そうに違いない、なんて思い始めてしまう。

 納豆といえば日本の食べ物でしょ、という権威主義への疑いを持続させながら、ナイジェリア、セネガル、ブルキナファソ、韓国などを旅する。治安の悪い場所を駆け抜けながら、納豆らしきものは本当に納豆なのかと問い、納豆ではないような気がするものをもしかしたら納豆なのではないかと期待する。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです