メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

川本 三郎・評『好奇心と日本人 多重構造社会の理論』鶴見和子・著

◆『好奇心と日本人 多重構造社会の理論』鶴見和子・著(藤原書店/税別2400円)

 好奇心とは何か。未知の海外の文物に対する好奇心もあれば、身近な動植物に対する無償の好奇心もある。

 「見てはいけない」「開けてはいけない」と禁止されながらつい見てしまい災厄を招く好奇心もある(まさにCuriosity killed the cat)。

 この人間の基本的な情動である好奇心を学問の対象にした面白い本。1972年に出版された本の復刊になる。

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです