メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

私が銀行を辞め、サッカー界に戻ったワケ。池西希(V・ファーレン長崎)

情報提供:アズリーナ

私が銀行を辞め、サッカー界に戻ったワケ。池西希(V・ファーレン長崎)

「やはりサッカーは自分の中で大きな存在で。もう一度サッカーと真剣に向き合いたいと思ったこと。これが、サッカー界で働くことに関心を持ったきっかけです。」

( V・ファーレン長崎アカデミー課 池西希 )

現在株式会社V・ファーレン長崎のアカデミー課で幅広くユースの業務に携わる池西希(いけにし・のぞみ)氏は、プロサッカー選手への道を諦め、一度は銀行員の道へ。かつて「サッカーには区切りをつけた」と話した彼がなぜ再び、支える立場としてサッカー界へ転職したのでしょうか。クラブスタッフとしてのビジョンや、今の仕事の魅力についてお聞きしました。

(取材日:2020年8月17日 聞き手:竹中玲央奈)

 

ビジネス思考ができるクラブ人材へ

早稲田大学を卒業して、銀行員として社会人生活をスタートして5年目。まかせていただける仕事も増えてきて、「このままで良いのか」「この仕事は自分ではなくてもできるのではないか」と、自問自答するようになりました。

 

大学を卒業してからも、会社のサッカー部で活動を続けていて、やはりサッカーは自分の中で大きな存在で。もう一度サッカーと真剣に向き合いたいと思ったこと。これが、サッカー界で働くことに関心を持ったきっかけです。

 

私の強みはサッカーの現場を経験していることと、5年間とはいえ異なるフィールドでのビジネス経験があることです。

だからこそ私は、ビジネス的な感覚を持ち合わせつつも、現場の思いがしっかりと伝えられる人間になりたいなと。役職でいうとするなら、ゼネラルマネージャーや強化部長、アカデミーダイレクターなど、現場に近いフロントですね。

 

このように考えられるようになったのも、早稲田大学サッカー部時代の経験がベースにありつつ、社会人になってから通った公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル(SHC)での経験も大きいと感じています。そのあたりの話も交えながら、私がこの世界に入った経緯や、今の仕事の魅力をお伝えできればと思います。

 

土台は、早稲田で培った人間性

兄の影響で幼少期からサッカーを始め、地元の埼玉県さいたま市(旧浦和市)で浦和レッズのアカデミーに中高6年間所属していました。プロを目指していたものの、親の教えもあって、大学はサッカーにも勉強にもしっかり打ち込めるところに行こうと。

 

サッカーが強い大学に行きたかったのはもちろんですが、強いだけでなく“良い人材”がいる大学を探しました。練習に参加した時の雰囲気や、ジュニアユースでもお世話になった先輩の話から、早稲田ならひとりの人間として成長できる環境があると思い進学を決めました。

 

早稲田では、サッカー以前に「ひとりの人間としてどうあるべきか」といったことを問われることが多かったです。監督や先輩自ら背中で示してくれることも多く、あの4年間は非常に大きかったですね。

<写真提供:早稲田大学ア式蹴球部>

早稲田大学4年次はレギュラーとして活躍した。背番号は「5」

 

プロを諦めたのは、大学3年生の時です。当時Aチームに所属していましたが、ベンチに座る時間が多くて。ちょうど就職活動が始まるタイミングだったので、「この時期に試合に出ることができていないということは、今後サッカー選手としてのキャリアは難しいだろう」という結論に至りました。サッカー選手としての自分の未来に、自信が持てなかったんですよね。

 

今、浦和レッズのアカデミー時代、大学時代の友人の数多くがJリーガーとして活躍しています。彼らが僕と決定的に違うのは、一人ひとりがサッカー選手というキャリアに自信を持って、厳しい世界を戦い抜いてきたことなのかなと。私の場合は、社会人としてのキャリアを歩んだ方が幸せな人生を歩めるのではないかと思い、サッカーには区切りをつけようと決意しました。

 

私は彼らのように日の当たるところにはいませんが、彼らに負けず恥じない仕事をしないといけないと思っています。サッカー界に入ってからは、「いつか何らかの形で一緒に仕事ができるといいね」という話をするようになり、モチベーションになっていますね。

<写真提供:早稲田大学ア式蹴球部>

最終学年次の早慶戦後。Jリーガーとなった同期もいる。※左から4人目が池西氏

 

V・ファーレン長崎の魅力

冒頭でも触れましたが、社会人を5年経験したタイミングで、もう一度サッカーに関わりたいと思うように。SHCについて教えてもらい、自分の中でも「スポーツビジネス」という言葉がフワフワしていたので、まずはしっかり勉強してみることにしました。

 

SHCでは、スポーツビジネスですでに活躍されている方々の講義を受けたり、スポーツ界を志す仲間と議論をしたりする時間がとても濃密でした。参加者の年齢層や経験値は幅広かったですが、僕みたいな若手に対してもリスペクトを持って接していただけて、とてもフラットで刺激的な環境でした。SHCで得た人とのつながりは本当に大きかったですし、今でも大切にしています。

 

V・ファーレン長崎への転職が決まったきっかけは、大学時代の先輩である島田譲選手(現在 アルビレックス新潟へ期限付き移籍中)がきっかけでした。彼の紹介でスタッフの方と何度か話す機会をいただき、縁あって入社することを決めました。

 

長崎という遠い地へ移ることに不安もありました。でも、V・ファーレン長崎の未来には、新スタジアムの構想もありましたし、会社のクラブへの投資の仕方を見ていても、勢いのあるクラブだなと。できることの幅が広いのではないかと感じたので、挑戦することにしました。

 

選手と共に、未来を作る

今は、中学生や高校生の育成を担当しているアカデミー課で働いています。やっていることは、アカデミーに関わる事務全般です。トップチームとも連携したユースの育成方針を作っていくといったことや、遠征のスケジュールの手配口座の引き落としといった経理のことまで、幅広く担当しています。

 

選手と直接コミュニケーションをとる機会も多いです。特にU18の選手なら、進路はとても大切になってくるので、そのフォローも大きな役割です。本人と進路に対する考え方を共有したり「もっとこういうところを整理した方が良いのでは?」などとコミュニケーションをとりながら、コーチ陣と一緒に最適な育成方針や研修を考えています。

 

V・ファーレン長崎のアカデミーでは人間性を育むことをとても大切にしています。どういう研修をすれば良いのかを現場から吸い取って、実際に実行していくのが私の仕事です。

 

育成部はトップチームほど注目はされません。ですが、選手一人ひとりの将来に強く影響を及ぼすことになるという、違ったやりがいを感じられます。私たちが正しくないアプローチをしてしまうと、その子の人生に負の影響を与えてしまう可能性もあるので、責任も感じますね。

 

育成は、先が長く、5年10年と時間が経って徐々にでき上がっていくものだと思っています。V・ファーレン長崎はまだ今の体制になって歴史が浅いクラブ。地理的にも日本の西にあるので、わざわざ長崎に来てサッカーをしたいと思ってもらえるように、ここからさらに発展していかなければならないと感じています。ここから先のV・ファーレン長崎アカデミーの骨子となるような方針や戦略を考えるのは、とてもワクワクするところです。

 

「何ができるのか」を明確に

スポーツ業界以外の場所で一度キャリアを積んだことが、私にとってはすごく意味のあるものだったと感じています。サッカーが全くない世界で自分を表現しなければならない、という経験は貴重でしたし、視野が広がりました。

 

最近になって、様々な方々のスポーツ界への参入や発信によって、「スポーツビジネス」というものの価値が日本でも徐々に大きくなってきているように感じます。その中でスポーツ界を志すなら、今まで自分が生きてきた背景を踏まえて、私がこの業界に対してできることは何かを考えるべきだと思います。

 

何に貢献して、何を表現したいのか。そういった動機をしっかりと持って入ってくることが大切かなと思います。

池西希


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです