メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

どれもがインパクト抜群のホンダ! なのに「イマイチ思い出せない」影薄車3選

情報提供:カートップ

どれもがインパクト抜群のホンダ! なのに「イマイチ思い出せない」影薄車3選

「新しいタイプの上級車」はユーザーの理解を得られなかった

 古くはN360からシビック、ステップワゴン、オデッセイ、N-BOXなど、時代に合わせてインパクト抜群なクルマをリリースしてきたホンダ。その一方で名車の影に隠れてしまったマイナーな車種も存在する。今回はそんな1990年代以降に登場しながら、存在感の薄くなってしまったホンダを独断と偏見でピックアップしたい。

1)アヴァンシア(1999~2003年)

 すでにアコードワゴンというミドルクラスのステーションワゴンが存在していたクリオ店向けに、1999年に新たに追加されたのがアヴァンシアだった。ボディタイプは重複するものの、アヴァンシアは「新しいタイプの上級車」をテーマに作られた車種であり、ステーションワゴンを作ろうとしたというよりは、結果的にステーションワゴンタイプのボディとなったというのが正解のようだった。

アヴァンシアの走りのイメージ

 そのため、搭載されるエンジンは2.3リッターの直4と3リッターのV6とアコードワゴンよりも大きなものがチョイスされ、後席専用のエアコン吹き出し口やリヤシートスライドなど後席に乗る人への配慮もなされたまさに高級車といった装備を持っていたのである。

 しかし、オデッセイとアコードワゴンの中間のようなエクステリアとわかりづらいキャラクターが多くのユーザーには理解されず、登場から4年ほどで消滅。その名前は現在、中国向けのクロスオーバーSUVに使われているが、関係性はまったくないようだ。

中国向けのアヴァンシア

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです