メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

川崎市市民ミュージアム浸水 収蔵品の修復、手探り 高まる風水害リスク、再評価必至

大きな被害を受けた川崎市市民ミュージアムの第8収蔵庫。写真のプリントやネガ、漫画の原画を保管していた=川崎市提供

 昨年10月12日に上陸し、各地を襲った台風19号。豪雨で河川の大規模な氾濫が発生し、家屋だけでなく美術館など施設にも甚大な被害をもたらした。発生から1年を前に、単館では国内で最大級の水没被害を受けたと見られる川崎市市民ミュージアム(同市中原区)などに、当時の様子や今後に向けた取り組みについて聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです