メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

蒼井優 今につながる終戦75年 映画「スパイの妻」主演

=内藤絵美撮影

 第77回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた映画「スパイの妻」(黒沢清監督、日本公開10月16日)。太平洋戦争開戦間近の日本を舞台に、恐ろしい国家機密を知った夫とその妻の生き様を描く作品だ。「たくさんの映画仲間から連絡が入り、みんなとても興奮し、感動した」と受賞を喜んだ主演の蒼井優は作品について「自分の行動で国の未来が変わり得るような役だった。その重みを強く感じ、演じていてつらかった」と振り返った。

 演じる聡子は、貿易商の夫優作(高橋一生)を深く愛し、神戸で裕福な生活を送っている。優作は仕事で行った旧満州(現中国東北部)で偶然、恐ろしい国家機密を知ってしまう。軍国主義が台頭する日本にはきな臭い雰囲気が強まっていたが、優作は外国人とも親しく付き合い、自らをコスモポリタン(世界市民)と称する先進的な考えの持ち主。日本のおぞましい秘密を世界に暴露する計画を進める。当初は何も知らない聡子だったが、幼…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです