日航、門外不出カレー人気 オンライン販売も 国際ラウンジ気分満喫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本航空が成田と羽田の両空港の国際線旅客用ラウンジ(特別待合室)で提供する特製ビーフカレーを、初めてオンラインと千葉県成田市内のレストランで販売し、反響を呼んでいる。独特の味わいに加え、本来はラウンジの利用資格を持つ旅客しか食べられないことから、「門外不出の逸品」と呼ばれてきた。新型コロナウイルスの影響で海外になかなか行けない中、「搭乗前のラウンジにいる気分を味わえる」「空の旅が懐かしくなる」との感想が寄せられている。

 2007年に成田で提供を始め、肉のやわらかさや脂身の割合などの改良を重ねてきた。具材は牛肉やニンジン、玉ネギ、セロリ、ショウガなどで、日航が国内外の空港ラウンジで提供するカレーの中でも同じレシピの成田と羽田のカレーは評判が高かった。日航の担当者は「最初に野菜などの甘みが口の中に広がり、ゴロゴロとした肉の食感を楽しめる。のみ込んだ後に広がるスパイスの香りや長い余韻もおいしさにつながっている」と太鼓…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1195文字)

あわせて読みたい

ニュース特集