新型コロナ 葛飾区、介護職助成拡充へ 資格取得費 人材確保狙い /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機に介護分野への就職を検討する人が増えているとして、葛飾区は助成制度の拡充に乗り出した。介護分野の人手不足を少しでも解消し、「介護の質」向上につなげたい考えだ。

 区介護保険課によると、区が区内介護事業所で働きたい人を対象に開く無料研修の申し込みが、コロナ禍により急増した。これまでは定員の20人前後が応募していたが、今年6、7月は50~60人が押し寄せ、抽選に。「こんな事態は初めて」と…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集