人権団体などが意識改善を要求 燕市教育長文書巡り /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鈴木市長(左)に要請書を手渡す黒田理事長=新潟県燕市役所で2020年9月18日、井口彩撮影
鈴木市長(左)に要請書を手渡す黒田理事長=新潟県燕市役所で2020年9月18日、井口彩撮影

 燕市の遠藤浩教育長が「コロナ禍を解消する方法は戦争」などとした不適切な文書を作成・配布した問題を受け、県人権・同和センター(黒田玲理事長)などの団体が18日、鈴木力市長と遠藤教育長に対し、職員らの人権意識を向上させるよう要請した。

 要請書では、「平和憲法にのっとり普遍的な平和教育、人権教育を推進す…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集