メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張市長と市議、22年に同日選の公算大 賛成意向の議員多く /三重

富田真由美議長(中央右)に市長と市議の同日選実施に関する検討結果の報告書を提出する福田博行委員長(中央左)=三重県名張市役所で、衛藤達生撮影

 名張市議会議会改革特別委員会の福田博行委員長は22日、2022年4月に市長選と市議選を同日に行うことの賛否を各会派に尋ねた結果、同日選実施に賛成する会派などが多数を占めたことを明らかにした。同日選を行うためには22年の3月定例議会で議会の自主解散を15人以上の賛成で可決しなければならないが、現時点では少なくとも15人が賛意を示しており、同日選が行われる公算が大きくなった。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです