メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

四日市「ばんこの里会館」 おいしい新米を土鍋で味わおう 70点を展示、2割引きで販売 /三重

大小さまざまな炊飯用の土鍋が並ぶ=三重県四日市市陶栄町のばんこの里会館で2020年9月16日、松本宣良撮影

 土鍋で新米を味わってもらおうと、萬(ばん)古(こ)陶磁器振興協同組合連合会は、四日市市陶栄町の「ばんこの里会館」で炊飯用の土鍋の展示会を開催している。10月2日まで。

 土鍋は熱の伝導率が低く、ゆっくりと米に熱が加わるため、甘みやうまみのあるおいしいご飯に炊き上がる。新米の季節を迎え、炊飯土鍋の良さをPRしようと館内のショップ「うつわ亭」が初めて展示会を企画した。

 0・7~7合炊きまでニーズに合わせた多彩な土鍋や、IHや電子レンジに対応した土鍋、おひつなど食卓に並ぶ陶器も含めて計70点程度を展示し、定価の2割引きで販売している。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです