メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

遠藤周作「夫婦の一日」 鳥取砂丘で見いだす愛 /鳥取

 生きるのは楽ではない。そして身近にこそ真の難しさがある。例えば家族。苦しみに満ちた現世を、炎に包まれた家に例えて火宅と称する。作家、高橋源一郎さんは本紙「人生相談」欄の回答の中で「二人で家庭を作るということは、想像を絶する難事業です(なので、ぼくは何回も失敗してます。すいません……)」と書いている。

 どんな家も「絶対に人様には言えない事情」を抱えているとみるべきだろう。そう感じさせてくれたのが遠藤周作(1923~96年)の短編「夫婦の一日」である。81年に文芸誌「新潮」1月号で発表された。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです