メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県出身の首相を紹介 県庁で「山口県の総理大臣展」 /山口

 県出身の首相を紹介する「山口県の総理大臣展」が23日、県庁1階で始まった。安倍晋三前首相退任を機に県が企画した。10月23日まで。

 県民の郷土への誇りと愛着を高める目的で、初代首相の伊藤博文、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤栄作、安倍氏の県ゆかりの計8人をパネル約30点で伝える。安倍前首相は108点の写真を並べた三つのボードで、オバマ米大統領(当時)との会談(2013年)や新型コロナウイルスへの緊急事態宣言発令(20年)など就任から退任までを別途紹介した。旧民主党政権で首相だった菅直人衆院議員も宇部市出身だが、官邸ホームペー…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです