メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多彩な作風、地元で紹介 下関出身作家「豊田行二」所蔵品展 /山口

豊田行二の作品や直筆の色紙が並んだ会場

 下関市田中町の田中絹代ぶんか館1階にある「ふるさと文学館」で、同市出身の作家、豊田行二(1936~96年)の作品や資料を紹介する夏季所蔵品展が開かれている。10月4日まで。

 丸山町で生まれた豊田は県立下関西高校、早稲田大学、同大学院修了後、新聞記者を経て国会議員秘書となり政治家を志すも断念。作家の道へと進み、生涯で450冊の作品を生み出した。

 会場には68年、32歳で文壇デビューを果たし、オール讀物新人賞を受賞、同時に直木賞候補となった「示談書」をはじめ書籍や直筆の色紙など全23点を展示している。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです